コーポレート・ガバナンス関連3団体の緊急提言「上場企業の取締役会のあるべき姿」

全国社外取締役ネットワーク、日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム、日本コーポレート・ガバナンス研究所、三つのコーポレート・ガバナンス関連団体は、上場企業の不祥事が相次いで露呈し、日本企業のコーポレート・ガバナンス(企業統治)の不備が厳しく指摘されているなか、①独立取締役の義務付けと取締役会の監督機関化、② 独立取締役選任の仕組みの整備、を要請する緊急提言を行いました。

詳細はこちらからご覧いただけます。

http://www.shagai-net.jp/suggestion-index.htm

また、旬刊商事法務2011年11月15日号に全文掲載されています
→「意見書」をファイル(PDF)で入手されたい方はこちら

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です