アジアン・コーポレート・ガバナンス協会(ACGA) がオリンパス「上場維持を」東証に要望書 (日本語訳がでました)

アジアン・コーポレート・ガバナンス協会(ACGA) がオリンパス「上場維持を」東証に要望書 (日本語訳がでました)

欧米、アジアなどの機関投資家が参加するアジアン・コーポレート・ガバナンス協会(ACGA)が東京証券取引所に対し、オリンパス株の上場維持を求める要望書を送付しました。「経営陣に制裁を科すことは支持するが、上場を廃止すると株主を不当に罰することになる」として、東証に慎重な判断を求めています。

「当社はいくつか事業分野で健全なビジネスを営む継続企業であり、他の先進国市場で上場しいれば、恐らくは上場廃止にはならないであろうことから、上場廃止となればグローバル投資家における日本の評判を損なうことにもつながるのではないかと懸念しております。」

ACGAは欧米の年金基金などが投資先の企業統治などを研究する目的で設立した団体です。

“On November 17, 2011, ACGA submitted a letter to the Tokyo Stock Exchange (TSE) regarding the Olympus Corporation and its ongoing status as a listed company. Our main points were:

That the Exchange should refrain from delisting the company even if it meets the December 14 deadline for its quarterly report;
That delisting is generally not a favourable penalty for securities malfeasance since it punishes shareholders as much as the managers responsible; and
Olympus would probably not be delisted in most other developed market exchanges since it remains a going concern with a reasonable business.”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です