ビジネス法務の部屋(山口利昭先生のブログ)~ 正念場を迎えた「第三者委員会制度」大王製紙、不祥事が発覚しやすい社会、オリンパス、会社法改正論議、など

ビジネス法務の部屋(山口利昭先生のブログ)から紹介いたします。いつものように、当たっている分析が多いです。

正念場を迎えた「第三者委員会制度」-次のステップへの試練
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/10/post-bc31.html

大王製紙のガバナンスから日本の企業統治の脆弱性は問えるのか?
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/10/post-f6fd.html

オリンパス大株主による取締役会議事録閲覧・謄写請求
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/11/post-b1b5.html

日本は不祥事が発覚しやすい社会になったのだろうか?
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/11/post-5b21.html

オリンパス・大王製紙問題と会社法改正論議
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/11/post-921b.html

コンプライアンス-経営トップのコミットメントと社外役員の目
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/11/post-bfd7.html

http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2011/11/post-83b1.html
大王・オリンパス事件の視点-春日電機事件を忘れてませんか?

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です