企業風土を変えようとした或る会社の話し。これはどの会社ですか?当ててごらん

何年か前に不祥事が起きた結果、或る会社(Company XYZ)は自社の企業風土、コーポレート・ガバナンス体制、透明性を抜本的に改革するとIR・PR・記者会見などで宣言しました。

色々な手を尽くしました。具体的な例として、

取締役会の人数を大幅に減らした

監査役会を増員した(過半数は社外監査役)

執行役員制を導入した

倫理、コンプライアンス等を重視するよう、「企業風土を改革する」宣言

企業倫理遵守に関する行動基準を設けた

第三者で構成されている企業倫理委員会を作った

「推進組織の整備」を行った

残念ながら、この会社を知っている方に聞いて見れば、多分殆どは「そんなに効果なかった」と答えるでしょう。

Company XYZはどの会社であると思いますか?記憶にありますか?当ててごらん->  info@bdti.or.jp 、Twitter (@BDTI_Japan)でご意見下さい。又はBDTIに登録して匿名でご意見を投稿して下さればあり難いです。  

ベネシュ・ニコラス

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です