郷原信郎総務省顧問(九州電力の第三者委員会の委員長)-8月4日記者懇談会概要

郷原信郎総務省顧問は8月4日の記者懇談会で、第三者委員会が現在調べている九州電力問題について、つぎのように述べた。

  「その21 日の知事との会談の事実が、今回まず古川知事の緊急会見で明らかにされ、そして私がそれを受けて、その点についてなぜそういう事実がこれまで明らかにされていなかったのかという事情を中心に会見の場でも説明したわけです。私として強調したかったのは、そういう重要な事実が公表されないというのは、一般的に、社会的に重要な組織、とりわけ公的な組織のコンプライアンスという観点からすると、けっして望ましいことではないということです。重要な事実が秘匿されたまま、いわゆる不祥事についての公表が行なわれ、社会全体がそういうような認識を持つというのは、言ってみれば社会が誤った認識を持つ、誤解をするということにつながるわけですから、当初からありのままの事実の公表が行なわれることが望ましいわけですけれども、今回についてはそれを期待することが難しい事情があったのではないかというふうに、私自身感じました。」

詳細は http://bdti.mastertree.jp/f/yfoh4jtd までにどうぞ。

*右側の原稿画像の下にある「アセットのオリジナルをダウンロードする」をクリックすると、当該レポートを閲覧用にダウンロードできます。

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です