東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2011

先日、東京証券取引所より「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2011」が発表されました。

こちらのリンクから東証のサイトに掲載中の当該白書がご覧いただけます。http://bit.ly/kHSKSf

「当取引所では、今般、コーポレート・ガバナンスに関する報告書のデータを用いて、東証上場会社のコーポレート・ガバナンスの現状について総合的な分析を行い、「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2011」として取りまとめました。

本白書は、上場会社の皆様のコーポレート・ガバナンスに関する取組みの進捗状況を明らかにし、広く国内外に周知する観点から、2007年3月に発刊した「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2007」以降、隔年で発刊しているものです。今回は、独立役員制度をはじめとする当取引所の制度改正の実態にも焦点をあてた構成としております。」

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です