一橋大學の深尾京教授は「日本経済再生の原動力を求めて」論文を発表

一橋大学経済研究所の深尾京司教授とに日本大學の権教授は、「日本経済再生の原動力を求めて」と言う題名で、失われた十(二十?)年間の要因、いま現在どのような企業が雇用純増を創出しているのか、従って何が将来に向けて成長復活の原動力になれるか、実に画期的な分析をまとめました。企業統治は、全体の問題解決に大きい役割がありそう、との結論もあります。

実証分析の結果:若い企業と外資系気業が原動力で、15年前から、雇用純増を生み出しています。それに対しては、若くない企業と大企業(親会社)は一一般的にあ3百万人ほどの雇用を喪失しています。(製造業の海外移転)。日本は新陳代謝が弱い「病気」(資源再配分機能が遅い)や TFPに普通positiveな要因のはずである「退出効果」がnegativeである問題を抱えている以上、企業統治向上も政策面で手当てが必要ではないか、ということです。

論文:

http://bdti.mastertree.jp/f/enj8gmas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です