独立社外取締役の有益性?監査役の有益性?

ある研究によれば、親会社, PEファンドなど、支配権を持つ株主がいるほうがパフォーマンスがよい、という「証拠」(evidence)はありますが、独立社外取締役の有益性を示す「証拠」(evidence)はそれほどないようです。これは、ランドル・モーク(Randall Morck)教授の説明では、外国(例えば、米国)の「独立社外取締役」は十分に「独立」ではないからです。それは確かに一理あるでしょう。 
①また、「パフォーマンスに影響を与える要因が多くある中、そもそも、そのうちの一つだけを取り出し、有益性を立証しようとすることにどれだけ意義があるのか。それよりも重要なのは、投資家や市場の信頼をより得る方法、不祥事を最小限にする方法は何かを考えるべきではないか」という意見もあります。
グローバル・コンバージェンスと投資家の信頼が大事なのは間違いありません。世界中の大手機関投資家は「独立社外取締役の導入義務付けが必要」と言っています。
②日本では「独立社外取締役について具体的な有益性を提示してほしい」という意見がよく聞かれますが、一方で、そのような意見を持つ人は「監査役の存在とパフォーマンスの向上の関係性について」の立証を決して求めません。 なぜでしょうか。 過去二十年、監査役はどれほど効果があったのか。
現実を直視しなければいけません。 (極端に言えば、「情報開示のとパフォーマンスの向上の関係性について」も誰も立証を求めませんし。)
最後に、日本に殆ど存在しない(従って、機能しない)支配権市場の議論もあります。
③独立社外取締役を導入しなければ、誰が株主の観点から防衛策の発動・不発動を決めるのでしょうか?
皆様は、これら三つのテーマについて、どう思いますか?

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です